stay kirei

note! 推奨ブラウザはIEです。FFだと写真がくずれてしまいます。 「一日一美」 氾濫する美容情報、健康情報、コスメにエステ、果てには医療まで。 キレイになる方法は玉石混合。 チャンレジ精神と好奇心でとにかく話題のメソッドは徹底的に試していこうと思います。 日本人女性の寿命は80歳以上。 GIRLS BE AMBITIOUS :)

October 28, 2005

クレド・ポーという神話

10代の頃の無理な日焼けに、お手入れ不足の学生時代を経て、
4年前のある秋の朝、寝ぼけ眼で、ドレッサーの鑑を覗き込むと、
突如としてわたしの顔面は「粉ふき芋」になっていたのでした。

秋の悲劇

目尻、がさがさ。しわしわ。
口の周りは皮がうすぅく剥け、白く粉々。
ほっぺもがさがさなのに、斑点のような吹き出物。
こころなしか、ちくちく感。

「ぎゃぁっーーーーーーーーーーー!!!」

ムンクの叫びです。ホラーです。
これまで、スキンケアなんてしなくったて元気なお肌
だったからショックもひとしお。ふぇーん。。。

メイクとネイルで「飾ること」ばかりに目がいっていた
私の美容マインド大転換期です。

ふ、ふ、ふフレンチネイルの練習するより、フェイシャルマッサージ
の練習するんだったよー。ふぇーん。

ドタドタドタ

無我夢中で走った先は皮膚科!
じゃなくて、有楽町西武1F資生堂カウンター。

「資生堂は明治5(1872)年、漢方薬が主流の時代にあって、日本初の洋風調剤薬局として東京銀座に誕生した。」

ですからっ!130年以上の歳月ですよっ!
130年のナレッジに救っていただこうじゃない!

で、BAの美しいおねぇさんに肌診断をしていただきます。

「だいぶお疲れですね。水分量も不足していますし、
バリア機能がなくなっていますね。」

内から発光する美しい肌。
ぴんと張った、目元に、キレイにグロスののっている唇。
つややかだぁー。
「あぁーこの人になら全てを任せらる。」

「いちばん、すぐに効くの、くださいっ!」

そして私の前に並べられた地味な白いビンたち。









ノーケアから
資生堂最高峰ブランド クレド・ポー・ボーテ 
への ハイジャンプ の瞬間です。

ローションタンドル
プロテクシオンタンドル
セラムルヴィヴィフィアン
セラムブラン

そしてそして、50,000円の魔法のクリーム

ラクレーム!

しめて合計10万円の出費!
粉ふき芋にならなければ、とてもじゃないけど
買いません。

で、おうちで、つややかBAさんの言うとおり
「お手入れ」をして早めに就寝。
安心する香りが良かったのか、デパートで
興奮しすぎて、疲れ果てていたのか、

熟睡。

で、翌朝、「スゴイ!」結果を見せ付けてくれましたよ。
改善というレベルではありません。
別の人の肌になった、と言うほうが正しいですね。

乾燥したパンが、つきたてのおもちになってます。
お肌の色のトーンも明るくなってます。
全体的に、肌の質感はふっくらしているのに、
すっきりむくみがとれて、おめめがぱっちり。
(これは熟睡のせいかな)

音であらわすとこんなかんじ↓

きらぁーん、ぱーん、ぱちっ、きゅっ

それから現在にいたるまでの間、華やかな外資ブランド
や、特効薬のように書かれているメディカル系、
CMのイメージ買い、などなど、浮気はしょっちゅうありましたが、
結局帰るところ、それはやっぱり クレド なのです。

クレドは、一般的なお値段ではありませんし、マダムブランド、
セレブコスメと言われ、時間をかけてじっくりお手入れ、
という印象が強いことは否定できません。

NYCのバーニーズでプラチナヘアのマダムが10代の孫らしき
女の子とクレドのカウンターでカウンセリングしてるのなんて
見ちゃうと、「優雅につかわなくっちゃぁ!」なんて思ったりします。

しぃかぁーしっ!!!
高機能ブランドだからこそ、ちゃちゃっと済ませたい日に
絶大な効果を発揮するのです。

酔っ払いでおうちにかえって、今にベットに倒れこみたい!
そんな日のオススメケア。

お湯でばしゃばしゃクレンジング→クレド シートパック
そのまま寝る

以上!
お湯でクレンジングして毛穴開かせ、シートパックで
がんがん補給。ってのが原理です。

これ、効きます。ほんと。
わたしは、時間のないときほど(酔っ払っているときほど)
高機能商品を使います。時間のあるときはマッサージも
できるし、コットンパックも、ゴマージュもできるので、
ヨーグルトパックやら、ひたすらパッティングなど
ナチュラルに時間をかけるケアをします。

と、いうわけで、以下のような計算式の値を高く安定
させること!が大事かなって思います。

お手入れ時間 × お値段 = 効果

美肌になりたければ、捨て日は作ってはなりませぬ♪



0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home