stay kirei

note! 推奨ブラウザはIEです。FFだと写真がくずれてしまいます。 「一日一美」 氾濫する美容情報、健康情報、コスメにエステ、果てには医療まで。 キレイになる方法は玉石混合。 チャンレジ精神と好奇心でとにかく話題のメソッドは徹底的に試していこうと思います。 日本人女性の寿命は80歳以上。 GIRLS BE AMBITIOUS :)

May 01, 2006

美肌づくりの季節です(シャネル ヴィタルミエール×ブランルミエール)

春から初夏にかけて、ここがですね、美肌部のオンシーズンなのです。冬の乾燥から解き放たれ、ここで気を緩めるか、気合を入れるかで美肌レベルに格段の差がつくわけです。何せ、真夏より紫外線、有害光線が強くなるのはこの季節ですから。日中もしっかり美肌づくり、しましょう!

というわけで、ジャッカン興奮気味にお勧めアイテムのご紹介です。インオフィスな生活だからって、このシーズン、日焼け止め+パウダーonlyでお外に出るなんていうのは自殺行為。リキッドでちゃぁんとお肌に「膜」を張ってあげなければなりませぬ。ただ、それも単なる色づけのリキッドでは失格。美肌効果の高い一品を選ぶのが得策☆



シャネル ヴィタルミエール フリュイド。「ヴィタ」はビタミンのこと。その名の通り、美容液入りのリキッドファンデーション。オイルフリーのまさに美容液的なあっさりしたテクスチャー。かなり薄づき、なのに肌がみずみずしくつるりんとします。リキッドの場合、悩ましいのがカラーの選択。紆余曲折を繰り返したワタクシのオススメは、「悩んだら、濃ゆめの色を選べ!」。淡色で塗ると、「インディアン!?」ってなくらいの色を選択します。で、どーするかといいますと、薄めるんですよー。薄めるには、もう、ここ3年はお世話になっている優秀下地、シャネルブランルミエール。最近発売のカラー、淡いイエローの#20(ミモザ)は、かなりアジア人の肌色にマッチ。元祖カラーのローズも透明感でます。このシャネルブランルミエール、保湿成分を含むラディアンスアンドホワイトニングコンプレックスの配合により、くすみや色むらなどを均一に整え発光するような透明感を出します。また、シリコン技術により、皮脂や汗に強くファンデーションのフィット感・のり・もちを高めます。SPFも高めで、強力に日中の紫外線や外的刺激からお肌を守ってくれます。

美肌づくりの材料:
ブラン ルミエール メークアップ ベース #20(ミモザ イエロー)(SPF30/PA++)
*黄色味のないヨーロピアンな肌色の方はローズを選んでね。
ヴィタルミエール フリュイド(SPF15/PA++)

美肌づくりのレシピ:
ヴィタルミエールをワンプッシュにその倍くらいの量のブランルミエールを指先でまぜまぜして顔全体に。次にヴィタルミエールのみをワンプッシュとり、ほっぺから耳のあたり、シェーディングしたいトコロになじませます。次にブランルミエールをグリーンピース大指に取って、目の周りになじませます。これでカンタンにシェーディング完了。最後にブランエサンシルコンパクトのパウダーで軽く抑えれば完成!カンペキ!

スキのない春夏肌でっきあがりぃん♪

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home