stay kirei

note! 推奨ブラウザはIEです。FFだと写真がくずれてしまいます。 「一日一美」 氾濫する美容情報、健康情報、コスメにエステ、果てには医療まで。 キレイになる方法は玉石混合。 チャンレジ精神と好奇心でとにかく話題のメソッドは徹底的に試していこうと思います。 日本人女性の寿命は80歳以上。 GIRLS BE AMBITIOUS :)

April 14, 2006

ラ・プレリー アート オブ ビューティ (ザ・リッツ・カールトン大阪)

大阪ラグジュアリーサロンレポート☆です。

スイスの医学博士が生み出したアンチェンジング・スキンケアブランド「ラ・プレリー」。高級感溢れる濃紺のボトルにシルバーの文字。バーニーズや、DFSでお目にかかれるこのブランド。

スイス、モントルーにある有名なクリニック ラ・プレリーがブランドの発祥です。半世紀以上もの間、アンチエイジングのためのセルラー(細胞)セラピーのパイオニアとして、世界中から訪れる何千人ものゲストに その研究成果を伝えてきました。 その素晴らしい効果から世界中のセレブを魅了し、近年、世界中の5つ星ホテルで「アート オブ ビューティ」というブランドでサロンを展開。ハンドを中心としたプロフェッショナルな技術とラグジュアリーな空間、そして長年の研究の結晶ラ・プレリーブランドのコスメを贅沢に使用したトリートメントが評判のヴァンサンカン系サロンです。

今回お伺いしたのは、ザ・リッツ・カールトンホテル大阪内のサロン。施術はこのシグニチャートリートメントです。

プレッシャー リリーフ トリートメント
季節の変わり目、睡眠不足、慢性的な疲労、内外のストレスなどで特に疲れた肌に、エネルギーを吹き込むスペシャルトリートメント。集中美容液「フェイスコンセントレート」を使用し、肌機能を活性化します。
100分 ¥28,000(¥29,400)

ほんと、フェイシャルに3万なんて、かなり予算オーバーなんですけどね。ここのコスメ、ラインで購入したらうん十万円。「サンプルくださーい」なんて気軽にいえるブランドでもないし。かといって、ちまっとちっちゃいクリーム一個購入したところで、ラ・プレリー のチカラを存分に体験することはできない。えいやっ!!!キヨミズ飛びっ☆ここは、いっちばん効くやつお願いしちゃいましょ!ってなノリで3日前に予約コール。なんと、空いている時間は一枠だけっ!宿泊者割引があるわけではないので、お客様はみんなホテルゲストってこともなかろーに。。。関西のみなさんったら美意識高いのねぇ。

施術当日。せっかくだから、最高の効果を上げてもらわなくちゃ!っと10時起床で、アメニティのバスソルトを入れたバスタブでのんびり半身浴(バスタブは完全に横になれる大きさ)♪からだを温めてお部屋から絶景大阪ビューを眺めながら、ジノリのカップでハーブティーをいただきます。さすがリッツ、女子ゴコロを掴む小道具が効いてるぅー!

もう少し、お部屋でのんびりしたいなぁーと思いながらも、12時にエレベーターに飛び乗り、6Fのサロンへ。ここ、フィットネスとサロンのチェックインデスクが同じ。。。予約した旨を伝えて、ロッカールームへ。こちらもフィットネスと同じロッカー。しかもかなりせまぁいつくりです。お部屋でラグジュアリー気分満載だったのに、テンション落ちるなぁ。

「なぁーんか興ざめ」

とふてくされながら、バスローブに着替えて待つこと数分。カウンセリングシートを持ったセラピストがやってきます。

「えー?!ロッカールームでカウンセリングするの??意味不明ー。。。」

と思いきや、

「これ記入して置いてください。もう少ししたら、また来ます。」

はぁ。。。どぉなってるの?ここ。


数分後セラピストがやってきて、お部屋に案内されました。写真からもおわかりいただけるかと存じますが、これが、また普通なんですよねぇ。ツインルーム、レディスシングルルーム、メンズルームと3種類のお部屋があり、こちらは、ツインルーム。真ん中が仕切られていてカップルでトリートメントを受けられる広いお部屋です。他のお部屋も拝見させていただきましたが、リッツ、ラプレリー、ファイブスターと輝く冠を持つサロンなのにこれですか?という内装。せめて、おしゃれ照明なり、アロマ焚くなり、「うっとり」させる要素が欲しいところ。

「コスパ悪いなぁ」

と思いながらも施術開始。横になろうとした矢先に、

「こちらを背にしてベットにお座りください。」

セラピストに背を向ける私。おもむろにガウンをひっぺがされ、半裸。。。きゃっ。そしてチカラ強いオイルマッサージ!ネック、背中、腕、そして腰までしっかぁーりマッサージッ!そして、背中のゴマージュピーリング。フェイシャルだけとは侮るなかれ、こちら、ほぼ、上半身全てのトリートメントです。確かに顔だけやっても、持続性なんてたかが知れているものね。首や背中、肩がうっ血していてはどんなに素晴らしいフェイシャルトリートメントをしても効果はでません。

そしてそして、とろとろにとろけるとやっとベッドに横たわることができます。マシンは一切使用しないので、これといって、特記するようなことはなかったのですが、パックをしている間もひたすらマッサージをしてくれたところがすごかったなぁ。仰向きで寝ている私の背中から腰にかけて、肩の下から手を入れてぐいぐいと揉みホグスホグス!かなり体育会系のマッサージ。ラグジュアリーエステって、「なでるような」トリートメントばかりだから、このパワーには圧倒されたわぁ。ほんと、セラピストの手が触れていない時間は一秒たりともないっていうほど、しっかりいい仕事してくれます。また、トリートメントはかなりカスタマイズされるので、気になる点があれば伝えるのが得策。目の周りのシミとダークサークルがきになるといったらアイゾーンだけで10分くらいしっかりマッサージをして、目に効くという首周りも重点的にお手入れしてくれました。

終わって鏡を見ると。「すごいー、100分でこの変化。。。」まぁ、フェイシャルに行けばどこのサロンでも、「「ひきしまったぁ♪つるつるぅ☆」と思うのですが、こちら、上半身が一回り小さくなってましたから!二の腕も、肩も、首もほっそぉーり、そして白くつやつや。顔のサイズなんて20%オフ?みたいな。目がちょぉおっきくなってるし!これ、フツウのサロンなら3時間くらいかかってするトリートメントだよなぁ。と考えると3万円は決して「ばか高っ」ではないと思います。

そして、終了後またもや例のロッカールームへ。シャワールームにもたいしたアメニティないし、ドレッサーにも添加物たくさんはいってそーな、安ローションと乳液しかないし、「ラプレリー」な要素は皆無!なんだけど、これだけ、トリートメントでいいシゴトされちゃうともぅ気になりませんでしたわ。やっぱり、雰囲気満足させるより本業でイイシゴトしてくれるのが一番よね♪なんて。。。

ラ・プレリー アート オブ ビューティ (ザ・リッツ・カールトン大阪) 公式サイトはこちら

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home