stay kirei

note! 推奨ブラウザはIEです。FFだと写真がくずれてしまいます。 「一日一美」 氾濫する美容情報、健康情報、コスメにエステ、果てには医療まで。 キレイになる方法は玉石混合。 チャンレジ精神と好奇心でとにかく話題のメソッドは徹底的に試していこうと思います。 日本人女性の寿命は80歳以上。 GIRLS BE AMBITIOUS :)

August 27, 2006

ST.GREGORY SPA (セントグレゴリースパ)

あぁ、狂おしい8月も終わり。。。

夏の疲れを癒しにセントクグゴリースパにお篭りしてまいりました♪というワケで久々のSPAレポ。エントランスからお部屋に着くまでどんどんと非日常感が高まっていくのがわかります。トリートメントをしていただく個室に着く頃にはすでに where am I? ほの暗くて、アロマの炊いてあるお部屋には足浴用の木製の樽(?)が用意されています。その中には花びらがたくさん浮いていて、ステキ♪ここがエステとSPAの違いなんだな。エステだと間違いなくジェットフットバスだものね。足浴中には、ハーブティーがサーブされます。

カラダが温まったところで、うつぶせになってトリートメント開始。このSPAで一番の人気、名物のセルライト除去マッサージです。エンダモロジーもインディバもやってるしマッサージもしょっちゅううけてるから、「余裕っしょ」って思っていられたのも数分。まぁ、痛いのなんのって。セルライト対策のマッサージって「つまんで」「つぶす」が基本だと思っていたけど、これは指がとんでもない圧力で筋肉の中まで入り込むイメージ。かといってディープティッシューとかそぉんな甘いもんじゃないし、ハッキリ言ってこれが「きもちいいのぉ♪」ってココロから言う子がいるなら「師匠」とお呼びするわ。エッシェンシャルオイルの香り楽しむ余裕なんてナシ。目に涙ためて「ママたすけてぇ」ってな勢い。多国展開しているSPAでこれって、、、っと思い聞いてみたら、やっぱり日本onlyのメニューだそうな。そりゃそーよね。激痛にもだえながら、足からヒップゾーンにかけて終了。で、張ってる腰、背中からネックゾーンにかけてマッサージ。これがぁ、きもちぃぃぃぃ♪短めの力強いストローク。やばいです。「そのまま続けてハニィ♪」と甘えてみようかと思いきや間髪入れず「こちらはバリニーズマッサージです」とのこと。ってはじめっからそっちにすりゃよかった、なんて思っちゃダメよね。癒されてるだけじゃ、ビーナスボディ☆は手に入りませんから!その後、仰向けでトリートメント。この頃にはだいぶ慣れてきた、というかセラピストが私の「耐えられる」レベルの圧力を悟ったか。だいぶ楽になりました。

ボディ終了後、ハーブテントへ。これが、great演出!超癒し系。ハーブテントが2個並んだ個室にご案内。ほの暗い空間、ハーブの香りに、かすかに聞こえる音楽。とろとろにとろける20分。楽に汗かけます。

お部屋に戻ってフェイシャルスタート。丁寧にクレンジングをしていただいてピーリング。マッサージを2セッション。さっきのボディに比べりゃ楽勝、というか、なぁんか疲れて熟睡。zzz。。。起こされて、寝ぼけ眼でガウンをはおり、リラクゼーションルームに案内され、チェアに横たわって、ハーブティーを頂きながら、さらにうつらうつら、ひねもすのたりのたりかな。。。

合計滞在時間5時間でした。おみやげにネロリのオイルをいただきお見送りを受けて終了。セラピストの腕は間違いなく「超優秀」。あれだけの圧力と激痛なのにも関わらずまったく指の後が残っていません。内出血、指痕も一切なし。明らかに「目で見てわかる」効果です。体重変化がほぼないのに、「見た目」でコレだけ変えるってのはやっぱりゴッドハンド。所要時間、お値段ともにボリュームあるので週1で!ってなものではないけれども、季節の変わり目に篭るにはbest picです。

-----------------------------
ST.GREGORY SPA
セントグレゴリースパ原宿
www.st.gregory-spa.jp

渋谷区神宮前1-11-6
tel 03-5775-7744
予約受付時間 11:00-20:30

トータルスリミングコース
200分 \40,000(税込)
フットバス → セルライト除去マッサージ → ハーブテント → スリミングフェイストリートメント

セルライト除去マッサージとスリミングフェイストリートメントが同時に受けられるパッケージです。足先からお顔まで200分かけて行き届いたトリートメントを施していく贅沢なコースです。

0 Comments:

Post a Comment

Subscribe to Post Comments [Atom]

Links to this post:

Create a Link

<< Home